読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

digitalocean

使ってみた

SSD Cloud Server, VPS Server, Simple Cloud Hosting by DigitalOceanが実験用のVPSとして使うには安くてそこそことの記事を読んだので申し込んでみた。

感想

四六時中サーバーを使用するわけでなく実験で使うだけなので、時間単位で課金のコースが安いのがうれしい。

2cpu、RAM 2G、SSD40Gで時間あたり0.03ドルというのは結構よい。

ただ、サーバーがアメリカにあるのでキー入力しているときに突っかかりを感じることが多々ある。

あと、仮想サーバを破棄しない限り課金され続けるのはめんどくさい。

サーバー内に構築した環境は、仮想サーバを破棄すると無くなるので、次に仮想サーバを立ち上げるときにまた環境をいちから構築するひつようがある。

それがいやなら、仮想サーバのスナップショットを取ってからサーバーを破棄、次回は、スナップショットを使ってサーバーを構築するという手順を踏む必要がある。別のやり方もあるみたいだけど、安く済ませるにはこのやり方になる。

サーバーを構築するたびに1時間使っていなくても1時間分は課金されるので、頻繁に構築するよりかはある程度、立ち上げっぱなしがよいのかも。

メモ

公開鍵とTeraTermを使用してサーバーにアクセスしているが、数分たつとTeraTermが自動終了してしまう。

ネットで調べたら、

/etc/ssh/sshd_configに以下の行を追加すればよいとのことだった。

ClientAliveInterval 120

ClientAliveCountMax 60

実際追加したら直った。